スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

013 地味だけど

友人のママチャリ。
子供達が通学に使っていたけど、用済みになって放置されてる3台のうちの2台目の整備。

今日は回転系のグリスアップ。地味な作業で外観には特に変化ありません。

BBはいつも通り左ワンからバラしてシャフトとベアリングを洗浄。外れない右ワンは灯油とウエスで清掃。

フロントハブは左のベアリングが錆で全滅。新品のベアリングに交換。

リアハブは内装3段タイプ。
フリーの動きが渋かったので、これも分解洗浄。これまでバラした内装3段はどれも程度が良かったのですが、今回のは右のハブベアリングと玉押しが虫食いになってました。ここは交換部品が無いので洗浄とグリスアップだけ。玉当たり調整で最初よりはマシになりましたけど、玉押しの虫食いが気になります。

洗っておいたチェーンを張って回転系のグリスアップは終了。

ヘッドのベアリングも洗浄したかったのですが、ステムが固着していて、ここは今回はパス。



今日はここまで。

追記
この自転車、息子さんが大学時代に所沢で乗ってたそうです。近所の自転車屋さんに持って行ったら、これは修理出来ないと言われたとか。

自転車屋さんで修理出来ない訳はない。…買った方が安いということでしょうね。確かに工賃考えたらそうかもしれません。

賃金の安い国に図面を持ち込み、大量に作って、ホームセンターで安く売ってますからね。そしてどんどん捨てる。人件費が上がって来たら別の人件費が安い国に行ってまた作る。
でもこんなことしてたら、自転車屋さんだって仕事無くなるし、他の製品も同じ運命をたどって、日本中に仕事が無くなる。そろそろこんなこと辞めないと、どんどんおかしくなると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。