FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッポイ柄だ

類まれなセンスを持つ串揚げ屋マスターから連絡が来た。ピストのサドルをヴィトン柄にしたいと。

マスターから中古のカバン一つとサドルを預かって来ました。まずは縫い目をプチプチと切ってカバンを解体。


この時点で完成品を想像する。…かなりトッポイ仕上がりになると思われる。

カバンに使っている位の生地なので、腰があるしっかりした素材だ。サドルに張るにはちょっと硬い。およその大きさに裁断。


サドルの形がなんとも言えず色っぽいなあ。


このサドルは既存の革の下にスポンジが入っている。既存の革を剥がすとスポンジもボロボロになってしまうことが予想されるので、既存の革の上からボンドで貼っていく。
使うのは定番のボンドG17。サドル表面とヴィトン柄生地裏面の両方にG17を塗って乾かす。


ボンドの表面が乾いたのを確認して、生地の柄のセンターを確認しながら、サドルの上面から貼っていく。

※ここから作業に必死なため、画像が有りません(汗)

細かい部分はドライヤーで温めてシワを伸ばしつつ、サイドと前後をサドル裏面に巻き込んでいく。
サドルの後ろと、前は最もシワの残る部分だ。よく伸びる素材ならなんとかシワ残さずに貼れるが、今回は伸ばしきれずに終わる。残念。





でも、遠目に写せば、雰囲気は良い。




このサドル、予想はしていたが、ただならぬ雰囲気を発散してる。これをトラックレーサーにつけるそうだ。

かなりエロい。

そしてトッポイ。

やはり、あのマスターのセンスは凄い。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。