スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

012 問題発覚 ブレーアウター取り回し

シフターが到着したので、シフトワイヤーを張る。前後のディレーラーが動くようになったので、チェーンも張る。

ワイヤーつながりでブレーキワイヤーに取り掛かる。フラットバーからドロップに変更したので、スレッドについていたアウター受けにブレーキアウターが取り回せるかどうか気になっていたが、案の定うまくいかない。

原因はハンドルとアウター受けが近すぎること。無理をすれば取り回せないことは無いが、アウターの曲がりがキツくワイヤーの抵抗が大き過ぎ。



上引きのブレーキレバーならなんのことは無かったが、選んだブレーキはアウターをバーテープに巻き込んで行き、ドロップの付け根から出していくタイプ。

これだとアウター受けまでの距離が短いので非常に取り回しがキツイ。ドロップからアウター受けまでの距離を稼ぐために、フロントフォークにアウター受けを設置しなおします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。