スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

012 錆びたペダルの再利用

ビアンキ君のペダルは相当錆が進行していました。今までのサビ落としといえば真鍮ワイヤブラシでこするか、ボンスターでこするかでしたが、こいつは形状が複雑で難工事の予感。
ネットを徘徊するとケミカルを使用したサビ取りの技がいろいろ出て来ますが、今回は錆がひどいのでサンポール大作戦を試してみます。

錆びてます(笑)


全体にティシュを巻きつけ、そこへサンポールを掛けておよそ15分位放置。


サンポール処理で錆は落ちることを確認しました。だだ、酸性になっている金属はどんどん錆が進行するそうです。そこでアルカリ性の洗剤で中和処理。ただし、サンポールとアルカリ性洗剤は混ぜるな危険の組み合わせですので、両者が混ざらないように、サンポール→水洗い→アルカリ性洗剤→再度水洗いとしました。サンポール15分でここまで落ちます。劇薬ですね。もっと長くつければ錆もメッキも落ちてゆくようです。


このままでは、また酸化が進みますので、赤錆を進行の遅い黒サビに変換処理します。カー用品コーナーに売ってるこれ↓を使います


はい、見事に黒サビに変換されました。
最後はラッカーでマットブラック仕上げにしようと思います。これでしばらくはキレイに使えると思います。


ここまで手を掛けるなら、ペダル新しくしたほうが早いのですが、ベアリングが生きてたので再利用。錆は悩ましいです。

2014/6/13追記
ペダルをつや消しブラックで塗装しました。つや消しだと下地が多少荒れてても目立たないのが良いです(笑)
化粧直し完了。
















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。