FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/10/31-11/1 秋田へ

長い間、訪れる機会を逸していた父方の実家を訪問してきた。場所は秋田県大仙市南外。実家を継いでいた伯父が先週の金曜に亡くなったのだ。葬儀は11月1日の日曜日。土曜の用事を済ませてから夕方出発すれば、その日のうちに秋田に着く。翌日葬儀に参列して夕方秋田を立てば月曜の仕事にも間に合いそうだ。

父方の実家に最後に行ったのは中学生だったと記憶している。当時は夏休みを利用して両親の里帰りについていったわけだが、今回は東北の冬が始まる直前に、自分の意思で訪問することを決めた。





夜10:30に大曲駅到着。先に到着していた親父に駅まで迎えに来てもらい実家へ向かう。葬儀に集まった親父の兄弟、僕の従兄弟、そして実家の家族達は翌日の準備やら集まった兄弟たちの対応でまだ起きていて、僕を暖かく迎えてくれた。実家の跡取りの婿さん(といっても60代だが)に誘われビールを飲みつつ、米農家の色々な話を聞く。生産農家としては、将来の明確な展望を必要としていて、どうしたら米が売れるのか、消費者は何が欲しいのかという事が関心事のようだ。普段無口な秋田県人でも、酒を飲むと良く話す。

実家は南外で米農家をやっている。高齢化と後継者不足で引退する農家が多い中、亡くなった叔父と婿さんは諦めずに米作りを続け、今では休耕田での稲作請負もしながら耕地を広げ、品質の良い米を多く生産できるようになった。その結果、出稼ぎに出なくても暮らせるようになったようだ。亡くなった叔父が現役の頃は、稲作だけでは家族を食べさせられずに、秋の終わりから春先まで、出稼ぎに出ていたものだ。



翌朝は5時過ぎに起床。農家の朝は早い。雄物川と玉川が合流する岳と呼ばれる山の向こうから朝日が昇る。朝食は新米で握ったおにぎりと味噌汁と漬物。ただそれだけの食事だけど、どれも輝くように、染み入るように旨い。

朝食後に墓参りをし、近所を散歩する。子供の頃に遊んだ記憶を頼りに川を目指して歩く。家々の庭の植木には雪囲いがされ、神社の銀杏は黄色く色づいている。収穫の終わった田んぼは天地返しが終わって、畦も綺麗に整備されている。冬を迎える準備は村中で整っていますよという雰囲気だ。改めて景色を眺めると、澄んだ晩秋の空気の中、里山そのものの風景が広がっている。それは、とても美しい。







葬儀を終え、改めて親戚や従兄弟たちと久々の再会をはたし、夕方5時半過ぎに大曲駅を出発。こまちは、盛岡まで在来線と同じ曲がりくねった線路を走るので速度は上がらないが、盛岡からは高速運転となり、2時間半程度で東京駅到着。東京駅で電車を乗り継いで帰宅。



夜9時過ぎの東京駅には沢山の人が行き交っていた。華やかなお店やファッションは有ったが、歩く人々の表情はくすんでいた。一方であんなに美しい秋田の里山が直面している問題は過疎による村そのものの消滅だった。

期せずして、人と物が溢れかえる東京と人口減少で消滅しかかっている地方という、歪んだ日本を目の当たりにした形になった。このままでは良いわけはないと強く思った。そして、あのように美しい里山を維持していけるようにしなければと思った。

僕は都市と自然の中間に位置する里山に身を置いていきたいと思う。僕の町は南外のように美しい里山にはならないかもしれないが、自分の住んでいる里山をもっと大事にしたいとも。

思いを形にするには、何をどうしたら良いかよくわからないが、この日のことを忘れないようにしようと思う。

スポンサーサイト

コメント

すごく共感出来ます。

はじめまして、いつもブログを
楽しく拝見させて頂いてます。
実は私もBianchi BOARDWALKを
所有していた時期があり検索して
ヒットしてから拝見させて頂いてます。今は入門用のアルミロードに
乗ってロングライドを楽しんでます。私の住んでいるところも四国の里山です、今は丁度紅葉も美しいです、今回の内容非常に共感出来たので
コメントさせて頂きました。
これからも楽しいブログを期待しています。

2015/11/04 (Wed) 23:22 | 羊の皮を被った山羊 #- | URL | 編集
どーもです(^^)

羊の皮を被った山羊さん、
この記事に共感し、コメントいただいてとても嬉しいです。自転車のブログですが、思うところあって書いた記事でした。
同じように感じている方が居たんだと思うと、書いて良かったと思うとともに、前に進む力をいただいたように思います。ありがとうございます。

2015/11/04 (Wed) 23:47 | kinu #Z/WQB2Qg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。