スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

018 ゼブラ号(仮称)

017に続いて折り畳み車の第2弾。依頼主はバンドでサックス吹いてる女の子。

空気が抜け、サドルが破れ、乗るたびにお尻が冷たくなり、そのまま放置され、敷地の片隅にひっそりと眠っていたヤツです。



これはかなり手強いぞと構えつつ、現車とご対面。多分、買ってから初めてたたまれて、車に乗ってやってきました。こやつをヨッコラショと引き伸ばし、全体を眺めます。



すでにカゴは取り払われています。
チェーンはアウト。
スプロケも真っ赤っか。
噂のサドルは表面が痛んでます。
お約束で前後のハブも錆びてます。





フェンダーも凹みが激しかったのとステーの錆びがひどかったので、まずこれを撤去。


凹んだタイヤに空気を入れて、取り敢えずチェーンとスプロケに油を注してみたところ、試走できそうです。チェーンをゴトゴトいわせながら家の前をクルクル。なんとか走ります。でも、折角なのでチェーンとスプロケは交換。
その他には、ワイヤー類交換。ハブとBB、ヘッド周りのグリスアップ。タイヤ、サドルの交換。これで復活しそうです。

でも、そのままでは面白くないねぇ。

ということで、しばらく寝かせておきつつ、街ゆく折り畳み車をガン見しておりました。そして、発見しました。折り畳み車のハンドル周りにはママチャリと同じくらいものすごいバリエーションが存在する。

ならば今回は、ボッテリとしたハンドル折り畳み機構をバッサリ捨てることに。ママチャリのステムとハンドルを物置から引っ張り出し、これを移植。



いいじゃない。



20インチの折り畳みにママチャリハンドルつけると、スケール感が変わってとってもファンキー♫













スポンサーサイト

コメント

ハンドル周りの変更は大正解だと思います。
折りたたみのヒンジ部は、経年の使用でガタが激しくなってきますしね。
過去に何度か、これと同様の仕様変更をお勧めした事があるのですが
全てご成約ならずでした。

「折りたためなくなるから…。」
え~!?、さっき折りたたみ方分からないって言ってましたよね!!
と何度心の中で叫んだ事か。

それはそうと、このファンキー仕様の方が断然カッコいいですね。


2015/03/07 (Sat) 22:13 | クローバー #- | URL | 編集
Re:

クローバーさん、ども。

良いですよね、このハンドル変更!

折り畳み車で毎回ちゃんと畳まれている車体は少ないように思います。現にこの車体も久しぶり、あるいは初めて畳まれて我が家に来た様子です。

畳めなくなる仕様変更をオーナーが嫌がる気持ちはよくわかります。だって畳めることがメリットなんですから。

でも、本当のことを言えば、残念ながら多くの場合、畳むには車体が重すぎる。そして畳むのが面倒になる。
それより軽量化した方が、使い勝手は向上すると踏みました。現在オーナーに意向を確認中です。

2015/03/08 (Sun) 09:33 | 1962♂ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。