スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

017 7速化でゆったりこぐ

オーナーさんの希望により高速化をはかります。

オリジナルはフロント48T、リアスプロケ14-28Tの6速仕様。この状態でギア比は3.4-1.4です。

高速用の6速リアスプロケを探しましたが、トップ14T以下の歯数が見つかりません。前を52Tにしようと考えましたが、大した高速化は望めません。

そこでリアスプロケを交換することに。
dnpという台湾製の7速11-28Tです。これで高速時のギア比は4.4になり、高速時のケイデンスを落とせそうです。今回はやりませんがフロントを52Tにすればさらに高速化ができます。

左はオリジナルのシマノ製6速。右がdnp製7速。トップ11Tです。


7速化するとギア1枚分幅が広がります。


ポン付けした状態でもリアエンドに一応入りますが、エンドの内側にあるディレーラー取付け金具に若干ですが、干渉します。


そこで右側にワッシャーをかませます。これで干渉は回避。ホイールセンターは少し左にズレますが、このズレをスポークで調整するかどうかは後で考えることにします。


ディレーラーの稼働範囲は7速に対応出来そうです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。